こんなブラッシングNG

こころ美容師、菅生周作です。

先週の続き『こんなブラッシングNG』です。

1素早く動かす

ブラシを動かすスピードが速いと、摩擦でキューティクルを傷めたり、髪がもつれ切れ毛になる場合があります。

2下から上へブラッシングする

髪のキューティクルには、根元から毛先に向かって並んでいるので、必ずその流れに沿ってブラッシングしましょう。

3髪の表面だけブラッシングする

髪全体にブラシを通さないと、ブラッシングの効果は半減です。

ロングヘアの場合は、髪を少しずつ取り分けて行うと、まんべんなくブラッシングできます。

来週は、『頭皮の基礎知識』です音譜

LINEで送る
Pocket

This entry was posted in ヘアスタイル・ヘアケア. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA